a0201257_21285838.jpg


宵っ張りの母さんがもう寝ようとしてた
12日の早朝と言うか真夜中に家の電話がなった。
姪から
「 お父さんが血吐いて倒れた もう死んどっかもしれん・・・ 」
看護師の彼女の言う事 緊急の事態を感じさせた
心肺停止の状態で病院に運ばれて手当てを受けてるそうだ。


お父ちゃんを起こして2人で駆けつけた。
でも
懸命の蘇生中で 皆んなで待つ事しか出来なかった。



一週間ほどまえに別の病院に入院していて退院したばかり
前夜はいつもと変わらず夕飯を食べて寛いで休んだそうだ。
すこしたって二階の寝室から下りてトイレで吐血
救急車を呼んでと言って意識がなくなったと聞いた。


末っ子のお宝息子 今はもういない母がそうよく言っていた。
ちょっとだけお調子者で優しくて子煩悩で
私達や甥っこ姪っ子友人ご近所さんなど皆んなで大人数で良く遊んだ。
娘達から 母さん達は大人になっても姉弟仲が良くて変だってよく言われてたっけね。
でも 結婚して まだ若い頃に肺がんを発症
続いて白血病を患い
それでも医者から止められたタバコはスパスパと
義妹を困らせてたけど(〃ω〃)
その後 下の愛娘が関西に就職して
娘に会いに行く費用を捻出するためにタバコ止めたそうな


肺がんは一応転移もなく 毎月の検査は欠かさないでいたのに
やっぱり切除した残りの肺だけでは負担が大き過ぎたのか
最近は息苦しさを訴えていたそう・・・



救急部のベッドの上の弟は
心肺の蘇生は出来たものの
たくさんのチューブで生きているようなもの
もし意識がもどる様な事があったら
それでも心肺停止の時間が長かったから
脳のダメージは避けられないとの医者の話
それでも どうか生きて!と
みんなで声を掛けたりマッサージをしたり


倒れて17時間
みんなに見守られて静かに逝ってしまった。
ずーっと見ていたのに 未だ実感がない・・・


家族親族が集まっても
お騒がせな弟がいないと
子供達の声も何重に聞こえているのに足りてない
1人騒いでた訳じゃないのにね。


もう逝って一週間
今すぐにでも逢えそうな気がしています。









[PR]

by itigotoyuzu | 2017-06-17 21:35 | その他いろいろ  

<< 念願だっな高山のワンハイへ ①... 早い季節の移ろいに驚かされる日々 >>