<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

夏休みが終わったぁ~!




a0201257_15080610.jpg



熊本の被災地にも梅雨の終わりの大雨は降り続き
地盤の緩んだ山肌が崩れて
復興もままならない
そんな南阿蘇が心配でって
何か力になれるわけでもないけど
阿蘇望の郷にいったのは6月中旬のこと
まだブルーシートが被った家が目立つけど
阿蘇望の郷には
みなさんの熱い思いが溢れていました


こんどはDEKAWANでここに集まりたい!

a0201257_13103850.jpg



震災前のように
ここに集って
たくさん遊んでおしゃべりして
もうそんなに遠いことでもないですよね!



056.gif 056.gif 056.gif




梅雨開けと同時に
夏休みになりました~!

今年の夏は毎日35度超の気温
暑いからゆずと夏籠もりも悪くない
なんて思ってたら
ゆう君 小学校初めての夏休みで ママと帰ってきました~
帰りに市の図書館に寄って
持てないくらいの本を借りて・・・・
北九州の結希ちゃんもママと一緒に
急に賑やかになりましたよ 👩‍👩‍👦‍👦

a0201257_15024992.jpg
ゆずと LoveLove〜💗



プールに行くのはもちろん計画のうち
いつも行く市営プールに

にいにも誘って行ってきたようです😊



ばあばも 結希達とゆう君が帰ってきたら

ゆずのおうちシャンプーをお願いしようと

手ぐすね引いて待っていました〜🎵

もちろん

ばあばの作戦勝ち074.gif

a0201257_14572505.jpg

a0201257_14451324.jpg


ゆず お目が怒ってます!

a0201257_15031899.jpg


もう仕上げだから いい香りのゆずしゃんで~す

a0201257_15093588.jpg


ひと~りだけ遊んでる子が・・・飽きちゃったもんね(´・ω・`)



ゆずの嫌そうなお顔も笑えたけど

おかげで

真っ白ふわふわいい香りのゆずしゃんになりました〜😊



a0201257_15013695.jpg


結希ちゃんもゆう君も
一緒に遊んだり お散歩つれて行ってくれるから
だ~い好き by ひめ




そしてゆう君は
この夏は初キャンプをご要望

みんなとテントに泊まりたいらしい〜🎵

え〜 この激暑のゆず地方

毎日38度も超えそうなのに(涙)


a0201257_15060875.jpg
とうとう 体温より高くなりました


ばあばは呆れてムリムリなんて言ってたけど

優しい結希ママが動いてくれました。




ゆずのお家から車で15分くらいの所

金立教育キャンプ場に予約

だから暑すぎたら帰ってこれる・・・エーッそんなぁΣ(゚д゚lll)

大人しいワンなら同伴できると!

団体さんがいるから常設のテントはだめだったけど

貸し出しテントはあるそうで
全て無料だそうです!

貸出テントも鍋やまな板なども
シャワーもテントサイトも です(*゚▽゚*)



a0201257_15064201.jpg

常設のテント 


テントは駐車場の横に(芝が張ってある)すでに張ってくださって

手持ちのテントと2張りで

ここだったら車も横につけられる‼️

大人5人と子供ふたりで  行ってらっしゃ~い

母さんとゆずとひめはお留守番?!?

熱中症が怖いから
いえいえ 翌朝涼しい時間に合流予定

ひめは初のキャンプです~♫


a0201257_15165072.jpg

a0201257_13594200.jpg
貸出用のテント 設置完了です


a0201257_15350025.jpg

テントの中に寝転んで~ 望みが叶ったゆう君 053.gif


a0201257_15285006.jpg

キャンプ場近くの川で


a0201257_15402697.jpg

まったり お茶でも・・・063.gif


a0201257_15334021.jpg


初日はキャンプ場から5分の所の川で遊び
夕方からはもちろんBBQ 068.gif
結希のパパは途中から記憶がないそうで・・・
ゆう君もテントの中で
たぶん結希ちゃんとドタバタと
みんな楽しい夜だったみたい デス 060.gif



翌朝
夜の明けるのを待って
行く気満々のゆずとひめを積み込んで
はーい スタート‼️

a0201257_15460898.jpg

キャンプ場に
6時には着きました
おっきく目を見開いて迎えてくれたのは結希たんのパパ
お父ちゃんはすでに散歩終えて
は~いもう一回 ≡ヾ(´∀`)ノイッテラッサ~イ☆


a0201257_16113547.jpg


ひめさんすっごく元気で跳ねてます
自然からパワーもらったよう!


a0201257_16160982.jpg

ゆずはダメだよーってゆう君(*゚▽゚*)


a0201257_16191553.jpg


朝ごはんはおにぎりと にいにが焼いてくれたホットサンド

サラダにコーヒー
いつもと同じコーヒーでも
美味しくかんじますね。


でも
爽やかで気持ちのいいのも束の間
日が差し始めて暑くなったら 撤去の準備
次回はもう少しゆったり行きたいね~ゆう君

かなり慌ただしかったけど
ゆう君達この日の午後帰りました~ ✈
そして結希パパも!
お仕事だったからね・・・


かって
結希ちゃんとパパはわんこが苦手だった( 過去形です)
でも少しずつ遊ぶようになって
ゆずも結希ちゃんも気持ちが構えなくなったら
仲良しになってた~!!

a0201257_13304115.jpg

a0201257_13301892.jpg

今は
こうして遊べることが
楽しくてたまらない結希ちゃんです。


さぁ みんな
夏やすみの宿題終わったかなぁ(*゚▽゚*)





        人気ブログランキングに参加しています。
       励みになりますので ポチッとよろしくお願いします〜_(_^_)_

                  ↓







[PR]

by itigotoyuzu | 2016-08-22 14:08 | その他いろいろ | Comments(0)  

水遊びでの水中毒について、、


うちの子ゆずは川遊びは得意ではないけど プールの浅い所でしぶきを上げて
パクパクッと捉えて遊ぶの大好き。
ゆずも川遊びを楽しめるようになるのはいつの事だろうか・・・
でも水中毒があると知りびっくり‼️
もしかしたらうちの子もなるかもと要注意
万が一の時に知ってるのと知らないとでは対処の仕方も違います。
で フェイスブックの記事ですがシェアさせて頂きました。
記憶の隅っこにでもおいていただければ幸いです。


〜・〜・〜・〜・〜・〜


【水中毒の危険】Too much water kill your dog

犬との水遊びが楽しい季節、注意喚起です。
昨日、実際に私が経験したことを記しておきます。水面をパクパクしながら泳ぐ子は要注意かと思います。長いですが目を通していただけると嬉しいです。

望愛との初めての夏、6月から何度か水遊びも経験させ泳ぎも上達し、毎週のように出かけて水遊びを楽しんでいた。2週間前の川遊びで、望愛は水面のキラキラをパクパクする遊びに夢中になり、大量に水を摂取したようで、水から上がっても数十秒おきに大量排尿、帰りのバリケンもおしっこ風呂だった。自宅でホースの水にもかぶりつく姿を見て、1年前に友人がFBにシェアしていた英文の記事を思い出し、再度メッセージで送ってもらい読み返す。
その記事がこちら。
http://www.care2.com/greenliving/can-too-much-water-kill-your-dog.html
水中毒、望愛は気をつけないといけないなと思ったのが2週間前。

そして昨日、友人夫婦と秘境へ川遊びへ。
望愛はまた水面をパクパクしながら泳いでいたので、強制的に休憩をとらせたり、望愛だけ連れて車へ戻ったり、排尿を促したり、意識的に川から出して休憩させる配慮はしていた。しかし、前回ほど排尿してないという感触はあった。お友達も一緒だったし「おしっこするより僕遊びたいっ!」という風に見えた。遊び方としては今思っても普通、むしろ短時間で切り上げたかなという程度、やりすぎた感じはなかった。
その後、上流へのトレッキングへ出かけ、ほぼ石の上を歩きながら時々泳ぐ程度であった。

川を泳いで横断した岩場の上で異変が起きた。さっきまで元気よく走り回っていた望愛は急に立てなくなり舌が見たことのない真っ白に。目が吊りあがり、うつろで焦点が合わず、目が開けられないよう。普通に閉じるのではなく硬くぎゅっと閉じて苦しそう。もしや水中毒ではと思った。この時が水中毒による低ナトリウム血症のショック症状が出た瞬間だったと思う。突然の虚脱、立てなくなり、抱き上げると水を嘔吐。水とともに胃の粘膜のような透明のものを吐いていた。抱きかかえながら車へ戻り出発するまで30分以上かかった。少し自力歩行ができていたが、すぐに伏せてしまう。電話もネットも圏外の秘境に居たので、電波の通じる場所までさらに30分。途中、何か塩分を摂取させようとしたが、何もうけつけない。じっとして、粘膜のようなどろっとした透明なよだれを流し続ける、頭を起こせない。排尿させてナトリウム濃度を補正しなければと思ったが、もはや自力で排泄できる状態ではなかった。

5件の病院がグーグルマップでヒットしたが、いずれも1時間以上かかる。3件は電話がつながらず、やっとつながった病院は「は?ペット?うちは牛しか診ませんよ」。最後の1軒に電話がつながり診てもらえることになった。水中毒の可能性を電話で伝え、到着時にはいろいろと調べてくださっていた。発症から2時間半が経過していた。

体温は37度台の低体温。通常ピンク色をしている耳の中や、肉球も真っ白。浮腫が起き、水分が体内に大量に溜まっている。低ナトリウム血症により、血流が非常に悪く急性循環不全を起こしている状態。
以下の処置があった。
プレドニゾロン15ml、何か抗生剤(解読不能)、ラシックス30mg、を皮下注射。生理食塩水50ml、デキサメサゾン2ml、ラシックス20mg、を静脈注射。
ステロイドは血流をうながすため。ラシックスは利尿剤。
処置が進むごとに、横たわったまま、大量に排尿が続いた。シーツやバスタオルを何枚も敷いてもらい、体をくるみ体温を保つ。初めに黄色いおしっこが出た。そのあとはずっと透明。限界に達し循環不全が起きたことで腎臓の機能もパンクして自力で排尿できなかったのかもしれない。
病院には血液検査の設備がなかったが、本来ならば低ナトリウム血症の治療は、血中の電解質濃度をはかりながら、血中ナトリウムを補正していく処置となるそうである。急激にナトリウムを入れると横紋筋融解症を起こす可能性があるのだそう。今回は、田舎の病院で設備が整っているわけではなかったが、やっと見つかった病院で、迅速に懸命に適切な治療をしてくださり、本当に本当に助かった。帰り道はSAに3度寄り、その度に重くなったシーツを交換。バリケンから自力で出ることはできなかったが、抱き抱えて立たせると、立って排尿することが出来た。発症から6時間、処置から3時間後、ようやく体温がもどり、耳や肉球もピンク色が戻った。帰宅したのは発症から約8時間、処置から5時間後であったが、まだ大量排尿が続いていた。
正直、望愛、死んでしまうかと思った。抱きながら川を渡り「死ぬな」と声をかけてた。

あの病院がなければ、命を落としていたかもしれない。私に事前に水中毒の知識がなければ病院でも適切な処置ができなかったかもしれない。英文の記事を送ってくれた友人に感謝。遠方からせっかく遊びに来ていたのに、望愛を抱き抱え遠い遠い病院までつきあってくれた友人夫婦にも感謝。

水中毒に関する事前知識があり、気をつけていたつもりでも、これだけの危険な状況を起こしてしまった。知識があっても、遊びながらどれだけの水を摂取しているかは判断しにくいし、どこが限界点になるのかは分からない。水を摂取した後、時間差でショック症状が出るのも怖いところ。望愛がまだ9ヶ月であることも原因の1つかもしれない。しかし、水遊びの帰りに大量に排尿する犬や、バリケンで漏らしてしまう犬は、要注意だと思う。
注意喚起としてここに情報を共有したいと思う。

水中毒に関するリンクも参考までに貼っておく。
http://kenko.karada555.info/tyudokusyo/water_intoxication/

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E6%AF%92

望愛、今朝は一見元気そうで食欲も戻っている。循環不全による後遺症が四肢や脳に出ないことを願っている。

《追記》
みなさま、たくさんのコメント、シェア、ありがとうございます。
望愛、元気ですが若干の多飲多尿があるので、念のため、先ほどかかりつけの動物病院へ行ってきました。「昨日の病院でショック症状に対する適切な処置ができていて良かった」との所見でした。「ステロイドの投与は若干多いが、おそらく血圧を上げないと危ない状態だったのでしょう」「ステロイドで血圧が上がり、利尿剤に反応してくれたので、いまこの子はここに来れてます」∑(゚Д゚)「利尿剤に反応せず、排尿が進まなければあっという間に腎不全を起こして亡くなっていた可能性が高い」と言われました。
血液検査結果は電解質濃度も腎臓の値も異常なし。昨日の病院での体重から1.5キロ減ってました。全て水だったのですね。多飲多尿はステロイドによるもので徐々におさまるでしょうとのことでした。、

[PR]

by itigotoyuzu | 2016-08-01 11:40 | Comments(0)