<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

念願だっな高山のワンハイへ ① 角島と津和野


a0201257_14412205.jpg

今度の旅行はちょっとだけ長旅🚙
一週間の旅行になりました。

お父ちゃんが仕事から帰宅して
夕飯を食べてからの出発🕘
おなかほどほど満腹感のお父ちゃん
眠くならないかとちょっと心配😆

a0201257_15190163.jpg
九州脱出は21時すぎ
今夜は 道の駅 北浦海道豊北でお泊りです


朝4時
まずは去年のリベンジ 誰もいない角島大橋を撮りに。

だけど今にも雨が降りそうな曇り空

夜の角島大橋もキレイだけど
やっぱり青空の下の大橋は吸い込まれるほどに素敵〜💙
なかなか青空の角島には出会えない我が家・・・

a0201257_14423741.jpg
a0201257_15113429.jpg
以前ゴールデンウイークに訪れた角島
なんと 車が・・・

a0201257_14522200.jpg
今回とった夜景 4:09 夜明け前です

a0201257_14532323.jpg
4:38 分 日の出の時間は過ぎたけど 残念暗いです~!



雲に覆われて青空は望めそうにないから
つぎの萩シーマートに!
美味しい海鮮丼食べられるかな?

a0201257_15301919.jpg
下調べではオープンは8時からだったのに
レストランはなんと10時半から(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
急ぐ旅でもないけど2時間半は待てないよ〜!
ポスターの海鮮丼に後ろ髪引かれながら
津和野へ〜♫



津和野は初めての母さん
SLと鯉のイメージしかないんですけど・・・
で 駅横の🅿️に車を停めて
SLの転車台を見に行きました。
電車大好きゆう君が一緒だったら喜んだだろうな⁉️

a0201257_15523612.jpg

そこからテクテク鯉が泳ぐ掘割へ
お父ちゃんが来た時とは少し
様変わりしていたようで
堀の幅が広くなってるそうです~!
泳いでる鯉も大きく
最初関心を示さなかったゆずも
一緒に入りかねない様子

a0201257_15583509.jpg
a0201257_16032943.jpg
だって暑かったんだよね〜🌞



もう一つ印象深いものを見つけたからそこへ
遠くからでもよく見える
ずっと上までつづく真っ赤な千本鳥居‼️



a0201257_21553252.jpg

a0201257_16240269.jpg
a0201257_16285437.jpg


何かのCMかドラマで見たことがあったかな?
鳥居の間からヒョイと美女が顔を見せたりしてね~129.png
階段下にはがなくて
母さんだけ不思議な空間を体感したけどだ~れも会わなかったよ!


この後
中国道に出るのに時間がかかったけど
朝ご飯とも昼ともつかぬ尾道ラーメンを
安佐SAで食べました😊
a0201257_16351228.jpg
チャーシューが柔らかくて美味しかったです


そして
ずっと前から
再会を約束していた尼崎のワン友さんの所に行って来ました!
先代いちごの時からのお友達です~
リキ君はいちごとはパパがおなじ異母兄妹
いちごは4歳半で逝ってしまったけれど
ずっと闘病しながら12歳の誕生日を迎えたのです❣️
と~っても頑張り屋さんです!


a0201257_21503889.jpg

a0201257_18500098.jpg

a0201257_21512642.jpg

久しぶりに会って
12歳とは思えないほど
ゆずの方にぐいぐい寄ってきてくれました
お部屋に入るのもイヤダ~って足踏ん張ってました
そしてずっとリキ君を見守って来られたママさん
どうかこの夏を乗り切ってくださいね‼️
ゆずの元気玉をリキ君に送りますよ〜162.png







        人気ブログランキングに参加しています。
       励みになりますので ポチッとよろしくお願いします〜_(_^_)    
  ↓


[PR]

by itigotoyuzu | 2017-06-17 21:53 | Comments(2)  

a0201257_21285838.jpg


宵っ張りの母さんがもう寝ようとしてた
12日の早朝と言うか真夜中に家の電話がなった。
姪から
「 お父さんが血吐いて倒れた もう死んどっかもしれん・・・ 」
看護師の彼女の言う事 緊急の事態を感じさせた
心肺停止の状態で病院に運ばれて手当てを受けてるそうだ。


お父ちゃんを起こして2人で駆けつけた。
でも
懸命の蘇生中で 皆んなで待つ事しか出来なかった。



一週間ほどまえに別の病院に入院していて退院したばかり
前夜はいつもと変わらず夕飯を食べて寛いで休んだそうだ。
すこしたって二階の寝室から下りてトイレで吐血
救急車を呼んでと言って意識がなくなったと聞いた。


末っ子のお宝息子 今はもういない母がそうよく言っていた。
ちょっとだけお調子者で優しくて子煩悩で
私達や甥っこ姪っ子友人ご近所さんなど皆んなで大人数で良く遊んだ。
娘達から 母さん達は大人になっても姉弟仲が良くて変だってよく言われてたっけね。
でも 結婚して まだ若い頃に肺がんを発症
続いて白血病を患い
それでも医者から止められたタバコはスパスパと
義妹を困らせてたけど(〃ω〃)
その後 下の愛娘が関西に就職して
娘に会いに行く費用を捻出するためにタバコ止めたそうな


肺がんは一応転移もなく 毎月の検査は欠かさないでいたのに
やっぱり切除した残りの肺だけでは負担が大き過ぎたのか
最近は息苦しさを訴えていたそう・・・



救急部のベッドの上の弟は
心肺の蘇生は出来たものの
たくさんのチューブで生きているようなもの
もし意識がもどる様な事があったら
それでも心肺停止の時間が長かったから
脳のダメージは避けられないとの医者の話
それでも どうか生きて!と
みんなで声を掛けたりマッサージをしたり


倒れて17時間
みんなに見守られて静かに逝ってしまった。
ずーっと見ていたのに 未だ実感がない・・・


家族親族が集まっても
お騒がせな弟がいないと
子供達の声も何重に聞こえているのに足りてない
1人騒いでた訳じゃないのにね。


もう逝って一週間
今すぐにでも逢えそうな気がしています。









[PR]

by itigotoyuzu | 2017-06-17 21:35 | その他いろいろ