2013年 07月 12日 ( 1 )   

逝って2年・・・ごんといちごのおはなし   

2013年 07月 12日

ごえもん  1996.4.16 → 2006.7.12没 10歳3カ月

 いちご    2007.1.5 → 2011.7.12没  4歳6カ月


a0201257_1450509.jpg




我が家で初めてうちの子になったピレニーズ ごえもん・・・
ごんちゃんはデュークおっかさん家で生まれた男の子です。
留守がちだったわがやをしっかりセコム 
ぴょんぴょん跳ねながら庭中を走りまわって 
ガゥガゥとガードは固く
知らない人は近づくこともできないほど(>_<)

でもとっても優しいところもあったんですよ。
どこで見つけたのかすずめの赤ちゃん まだうぶ毛の小さい子を
そーっと咥えてきて かあさんに渡してくれました。
半日ほど様子をみてましたが 助かりませんでした。

ねんねしなさいと言うと かあさんのひざを枕にゴロンとねんね(*^_^*)
お話しながらそのまま寝いってしまう甘えん坊さんでした。

10歳を過ぎても跳ねまわって衰えも見せなかった子が
突然ガクッと座り込んで立てなくなったのです。
それから10日程寝込みました。
ずっとふつうに食欲もあったのですが
最後の日はお水だけ 持って飲ませてあげました。
「じゃ おやすみね」と声をかけたのが最後になりました。



それから7カ月 
子どもたちにパソコンでピレさんのページを開いてもらって
ごんちゃんを想いながらよその子を見る・・・
それでもピレニーズへの思いはつのるばかり(^_^;)
そして辿りついたのがいちごのブリーダーさんだったのです。

a0201257_14551085.jpg



ちょっとピレのパピーちゃんを見に行こうと子どもたちを誘って 
手ぶらで帰るはずもなく
帰りには しっかりいちごを連れてかえりました~(^o^)/

それからかあさんのブログがたどたどしくも始まり
たくさんのわん友さんとの縁ができました。



いちごはやんちゃでかあさんの手がキズだらけになったり
かあさんとプロレスしたり♪
生後5カ月から病気を抱え込み 毎月でる発作に心配もありましたが
お友達もたくさんで 頑固だけどいい子に育ちました。
そしてずっとずっと一緒にくらせると思っていたのに
いちごの命をおびやかす恐ろしい病にかかってしまいました。
よかれと思って決断した断脚もいたみは一時取れても
いちごとの時間を延ばしてあげることはできませんでした。





さいごは二つの病気と闘い 勝って旅立ったと信じます。
目も見えず耳も聞こえなくなって辛く激しい闘いだったのに
おだやかなお顔で逝きました。
奇しくもごえもんが逝ったのと同じ 7月12日でした。

こうしていちごの事を思い出しながら書いていても涙があふれてきますが
私たちにたくさんの思い出や絆をのこしてくれ ゆずにもそれが繋がっています。
不憫ないちごは一生の半分しか生きることができませんでしたが
私の心の奥でずっと生き続けています。
ごんにもいちごにもごめんねと謝る事ばかりですが
毎年この日がきたら 同じように思い出を辿っていることでしょう。
そして元気印のはっちゃけゆずと共に
                楽しい思い出を重ねていきたいとおもいます。




  ↓ 人気ブログランキングに参加しています。
       励みになりますので ポチッとよろしくお願いします~_(_^_)_
  


人気ブログランキングへ
[PR]

by itigotoyuzu | 2013-07-12 14:58 | いちご | Comments(8)